地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、松山・伊予・ 東温・松前・砥部の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

松山・伊予・ 東温・松前・砥部の地域情報サイト「まいぷれ」松山・伊予・ 東温・松前・砥部

松山・伊予・ 東温・松前・砥部エリア選択

食べて、観て、癒される。愛媛・松山のおでかけ・観光スポットまとめ

地元の人も意外と知らない、 子規も漱石も愛した松山の郷土料理「松山鮓」って何?!

愛媛の郷土料理と言えば、「鯛めし」をあげる人も多いのではないでしょうか?

しかし愛媛には、

 

われ愛す わが豫州 松山の鮓   正岡子規

 

という句があるように、

かつて正岡子規も愛した「松山鮓(まつやまずし)」という郷土料理があるのです。

「松山鮓」は、行事ごとや客をもてなす際に出され、甘めの寿司酢にエソやトラハゼといった地魚がちりばめられた、ばら寿司のこと。

もともと家庭料理だった「松山鮓」を、現在提供している店は松山の中でも数えるほどしかありません。

今回は、そんな「松山鮓」が食べられる店を紹介します。

明倫館

 

地元の鮮魚がリーズナブルに食べられると人気の「明倫館(旧:すし徳)」。

大街道からすぐと立地も良く、個室も完備されているため、観光客だけではなく地元の客にも広く愛されています。

2017年9月1日に「明倫館」と名称を変更したものの、すし徳からの歴史は60年以上と人気のほどが伺えます。

 

そんな「明倫館」の松山鮓の特徴は、

松山鮓(1,490円)

あっさりとした寿司酢に、鮭のそぼろ、刻みアナゴと甘めに煮た椎茸の佃煮、刻み海苔と錦糸卵が彩りよく並び、そこへ、エビ・イカ・ハマチ・タコといった約8種類の旬の鮮魚が美しく散りばめられています。

お重に入っているものの、蓋が閉まらないボリューム!!

最後に好みでワサビをといたお醤油をかけるので、お子さんとのシェアもOK!

 

ぜひ、一度、明倫館の松山鮓を食べてみては?

「明倫館」基本情報

住所:愛媛県松山市大街道2-5-1

電話:089-941-6378

営業時間:11:00~14:30、17:00~23:00

定休日:月曜ランチのみ休み(夜は営業)

すし丸 道後店

 

昭和23年創業、今年で70年周年を迎えたすし丸は、松山を代表する味として多くの人に愛されています。瀬戸内海や宇和海の新鮮な魚が、寿司はもちろん、ランチでは御膳料理で、夜はお造りや煮物などで頂けます。

本格的な日本料理から郷土料理まで食べられるのも嬉しいところ。店舗は二番町と道後の2店舗。月替わりのメニューもあるので、来店するたびに新しいメニューに出会える楽しみもあるかもしれません。

 

そんな「すし丸」の松山鮓は、

松山鮓 吸物付き(1,050円)

酢飯にタケノコ・人参・ごぼうを甘めのダシで煮た根菜類を混ぜ込み、また、こちらも少し甘めの錦糸卵を散らした、全体的に松山らしい甘めの味付けが特徴的。エビや太刀魚・タコ・アナゴといった、新鮮な地魚がふんだんに使われ、なんとも豪華!

松山鮓と五色そうめんがセットになった松山鮓セット(1,400円)や松山鮓とお造り、天ぷら小鉢・お吸い物がセットになった松山御膳(1,950円)もおすすめ。

「すし丸 道後店」基本情報

住所:愛媛県松山市道後湯之町20-12ホテルパティオドウゴ1F

電話:089-932-6157

営業時間:7:00~14:00/17:00~22:30(土・日曜 11:00~22:30)

定休日:不定休


 

やはり愛媛の郷土料理として忘れてはならないのが「鯛めし」。

愛媛県には「鯛めし」といっても「北条鯛めし」に「宇和島鯛めし」の2つがありますが、どちらも甲乙つけがたいほどに美味!!

愛媛を代表する郷土料理の店の「鯛めし」をご紹介します。

郷土料理 五志喜(ごしき)

 

寛永年間1635年創業、江戸時代初期からの歴史を持つ老舗中の老舗「五志喜」。愛媛のあらゆる郷土料理が食べられる五志喜では、「北条鯛めし」の紹介をします。

 

「五志喜」の「北条鯛めし」は、鯛のダシと醤油をベースに炊き上げた炊き込みご飯の上に、素材の味が楽しめるよう薄めに煮付けた鯛の切り身をのせたスタイル。鯛の旨味が米一粒一粒に浸透したご飯は絶品。分厚い切り身の鯛はしっとりふっくら、その鯛の身をくずしながら召し上がれ!

松山(北条)鯛めし(1,500円)

「郷土料理 五志喜」基本情報

住所:愛媛県松山市三番町3-5-4

電話:089-933-3838

営業時間:11:00~15:00/17:00~23:00

定休日:不定休

かどや 道後店

 

宇和島を中心とした、愛媛県南予地方の郷土料理が楽しめる「かどや」。こちらでは、「宇和島鯛めし」をご紹介します。

「宇和島鯛めし」は、「北条鯛めし」とは全くの別物。元々は、鯛の切り身を醤油と溶き卵につけてご飯の上にのせて食べる漁師飯です。

プリップリの食感が特徴的な伊達真鯛を使用した「かどや」の「宇和島鯛めし」。鯛の切り身を、ダシ醤油と卵にくぐらせてから、ご飯の上にのせ、最後に残りのダシ醤油を回し入れてから、いただきます!

宇和島鯛めし(1,500円)

「かどや 道後店」基本情報

住所:愛媛県松山市道後湯之町20-24

電話:089-931-5400

営業時間:11:00~15:00/17:00~22:00

定休日:無休

この記事に関するキーワード

  • 地元の人も意外と知らない、 子規も漱石も愛した松山の郷土料理「松山鮓」って何?!

    愛媛の郷土料理である松山鮓、鯛めしが食べられるお店を紹介!

PICK UP 松山・伊予・ 東温・松前・砥部のお店 ~グルメ~

  • 浪漫亭鴨川本店

    浪漫亭鴨川本店

    松山市鴨川2-11-43

    [ お好み焼き ]
    1枚のお好み焼で“とびっきり”の美味しいとたくさんの感動を!

  • 焼肉ホルモンまるよし 畑寺店

    焼肉ホルモンまるよし 畑寺店

    松山市畑寺2-4-11 川又ビル1階

    [ 焼肉 ホルモン ]
    「キレイ・安い・美味しい」にこだわります

  • 来来亭 和泉北店

    来来亭 和泉北店

    松山市和泉北1-7-5

    [ ラーメン・中華 ]
    コクがあってスッキリ 老若男女に愛される京都風醤油ラーメン!!

  • 花のれん

    花のれん

    松山市南堀端町6-16 東京第一ホテル松山地下1階

    [ 日本料理 ]
    季節ならではの逸品を、大切な人と愉しんでください

  • 銀のさら 松山中央店

    銀のさら 松山中央店

    松山市河原町5-11

    [ 宅配寿司 ]
    電話一本! 手頃な価格からおもてなしに最適の豪華なお寿司まで

  • ルミエール

    ルミエール

    松山市南堀端町6-16 東京第一ホテル松山1階

    [ ホテルレストラン ]
    「光の庭」をイメージした美しいホテルレストラン